塾に通い始める時期は小学生からが理想的

中学受験を志す場合実際には小学校6年生で経験することになるわけですが、本格的な中学受験対策としては小学生からの塾通いが理想的です。
塾通いを始める時期については、家庭の経済事情と生徒の性格も影響してきます。
しかし一般的には小学校中学年〜高学年でスタートするケースが多いです。
低学年のうちから受験勉強を始めたから難関校に合格する、ということでは決してないのです。
あまり年齢が低いうちから時間を制限してしまうことの問題も指摘されています。
この時期非常に大きな影響を及ぼす友達との関わりやスポーツ、お稽古ごとなどといった時間を減らして塾通いをするわけです。
本人の精神的負担が大きくならないよう親御さんの配慮が必要です。
もちろん低学年の段階から塾に通わせる家庭もあり、小さいうちから学習に慣れ抵抗感をなくすという点ではメリットもあります

ランドセル女の子

昨今では、全体のおよそ半分以上の生徒が4年部の開講時・夏期・後期のいずれかに塾通いを開始しています。
小学4年で始めると、およそ3年間にわたり受験の準備に費やすことが可能です。
4年生くらいになると学習内容のレベルもアップしますし、中学受験の持つ意味合いや目的についても理解が可能になる年頃です。
5年生でのスタートは遅すぎるかと心配される方もいますが、5年生で始めて間もなくで学年トップランクの成績をあげる例も少なくありません。
こういった生徒の多くは、勉強への意識や心構えがしっかり出来ていて、自分で決めたことをやり通せる子供たちです。
また、少数ではありますが6年生から受験勉強を始めるケースもあります。
正直なところ、6年生スタートは本人にとっては大きなプレッシャーになります。
しかし周囲よりスタートが遅れている、という意識が学習への意欲や集中力につながり、最終的に見事合格を勝ち取るケースもあるのです。

 

教室01

さて塾に通っている間には受験に向けてさまざまな準備を行う必要があります。
志望校に関して比較検討や下調べを入念に行い、ご家庭で十分に話合い目標を絞ることが大切です。
中学受験の場合は、本人の性格・適正といった部分を重要視して志望校を見極めることもポイントです。
さらには学習塾を選ぶ際にも、子供の意見をなるべく尊重しましょう。
いくら評判が高くても、当の本人が気が進まないと後々学習意欲にも影響が出ます。
また中学受験を目指す塾通いでは、子供にとって学校の友達が疎遠になる心配もあります。
周囲に塾通いの仲間が多ければ話は別ですが、大半はまだ友達と遊ぶ時間がほしい年頃です。
本人が積極的に勉強したいと思えるよう導くと同時に、学校生活に影響が大きくならない範囲で塾通いの計画を進めましょう。
塾に通うようになれば、帰宅時間が遅くなる場合がほとんどです。
年齢や通う場所によっては親御さんの送り迎えが必要になります。
食事面でもさまざまな配慮が必要です。夕食や間食など、自分で買って食べるということも出てきます。
栄養面や健康面で十分に気を配ってあげなければなりません。
何といってもまだ小学生なのですから、親御さんの役割は非常に大きなものになります。
中学受験というのは、子供と親が共にゴールを目指す長い戦いでもあるのです。

 

受験を悩んでいる方におススメ

中学受験(http://xn--lckta5lsb858xudh8wnw99cple929g.com/)
「中学受験をするとどんなメリットがあるの?」「うちの子にできるかな?」など悩んでいるご両親に役立つ情報を紹介しています。
親・子供ともに受験について考えていきましょう。